映画『ボーダーライン』 | 株式会社ソーレプロモーション

映画『ボーダーライン』


2017年12月16日(土)”シネマート新宿・心斎橋”にて公開決定!

出演:藤田玲
荒井敦史 副島淳 西川俊介 遠藤要 螢雪次朗 甲本雅裕

【弊社出演者】
小林 大樹川崎 和平

AMG・アウトロームービー・ユニバース!!
第1弾ヤンキー映画の金字塔『ガチバン』、第2弾裏社会のリアルを容赦なく活写した『闇金ドッグス』、
そして、新シリーズ誕生!第3弾バイオレンスカーアクション『ボーダーライン』
弩派手なカーアクションとバイオレンス描写で、ニッポンの更なる闇を描ききる!

かつて、窪塚俊介、佐野和真、窪田正孝、荒井敦史、柾木玲弥、陳内将などが歴代の番長を務め、23本製作したヤンキー映画「ガチバン」。そして、その「ガチバン」に出演した敵キャラ、山田裕貴が演じた“安藤忠臣”をフィーチャーした闇金映画「闇金ドッグス」。同じ世界観で、それぞれのアウトローを描いてきたシリーズをこの度≪AMG・アウトロームービー・ユニバース≫と命名。そしてシリーズ第三弾として、バイオレンスカーアクション「ボーダーライン」が誕生した。
この世界に新たに生み出された主人公“我妻アベル”を演じるのは、「牙狼-GARO-シリーズ」の1つ「絶狼-ZERO-シリーズ」で主役を演じ、「ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト- 〜暁の調べ〜」「戦国BASARA4 皇」などの人気舞台から、本格的ミュージカル「南太平洋」などで活躍する、藤田玲。

そして、第1弾「ガチバン」史上最も強烈なキャラクター“紅井レオ”と第2弾「闇金ドッグス」からからは謎多きキャラクター“ジョン・キヴィマキー”が登場する。紅井レオを演じる荒井敦史は、10月よりBS-TBSで放送中の「水戸黄門」で格さんを好演している事も話題に。
ジョン・キヴィマキーを演じる副島淳は、NHK「あさイチ」でレギュラー出演中。映画・ドラマに加えてバラエティーでも活躍中。

その他、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」でアカニンジャーを演じた西川俊介、「クローズZERO」シリーズや「HiGH&LOW THE MOVIE」にも出演した遠藤要、藤田玲とも共演した「牙狼〈GARO〉」シリーズでのレギュラー出演を始め、今や日本映画・ドラマ界に欠かせない名優・螢雪次朗、TVドラマと映画「踊る大捜査線」シリーズのほか、「超高速!参勤交代」「四月は君の嘘」などに出演する甲本雅裕などが脇を固める。

また、映画タイトルにもなった「BORDERLINE」は藤田玲が率いるハイブリッドロックバンド“DUSTZ”のかつての名曲で、今回“アベルver”として10年以上振りに歌詞をリライトし、再レコーディングした楽曲が本作の主題歌となる。
そして、本編に登場する車両も日米の名車ばかり。“2012 TOYOTA86(D2仕様)”、“HONDA S2000”、“1973シボレー・コルベット スティングレイ”、“1968フォード マスタング”が縦横無尽に暴れまわる。メインドライバーには、プロレーシングドライバーの佐々木雅弘が担当。14年スーパー耐久ST-3クラスでシリーズチャンピオンなど輝かしい戦績を収めた手腕を如何なく発揮している。

【コメント】
<藤田玲さん(我妻アベル役)>
主演映画ということでプレッシャーはありましたが、素晴らしいキャストの皆様と優しいスタッフさん達のお陰で自然に演じる事ができました!カッコいいシーン盛り沢山で、日本では珍しいカーアクションもの。一生懸命スタッフ一同創った作品です。公開が僕自身も楽しみでなりません。この映画のためにアベルの気持ちで僕が歌詞をリライトした主題歌 DUSTZ『BORDERLINE -A side-』もぜひお楽しみに!

<荒井敦史さん(紅井レオ役)>
5年前紅井レオとしてガチバンシリーズに参加しました。
ボーダーラインでまさかレオをもう一度演じる事になるとは…驚きと共に喜びで一杯です。
あのレオがどう大人になっているのか。予想通りか…予想外か…是非劇場で。お楽しみに。

<西川俊介さん(長峰健太役)>
凄くタイトな撮影スケジュールでしたが、最初に台本を読んだときの健太の気持ちを大切にして撮影にのぞみました。この撮影で、初めて挑戦させていただくシーンがあるのですが、緊張している僕にアベル役の藤田さんに声をかけていただいて、緊張がほぐれました。
劇用車もかっこよく、車好きの僕にとってたまらなかったです。
本当に楽しい撮影期間であっという間にクランクアップでした。
ボーダーライン是非楽しんでください。

<渡辺武監督コメント>
煙草の匂い。ガソリンの匂い。男たちの匂い。
時の流れに無くなりかけているそんな匂いを感じて貰えれば嬉しいです

【ストーリー】
自動車整備工場で働く我妻アベル(藤田玲)は、年少上がりの不良だったが、今は好きな車の仕事をして、まじめに普通の生活を送っている。しかし、工場が閉った深夜、ナンバープレートを付け替えた修理中の客の車で怪しげなクーラーボックスの運び屋をしている。依頼主である遠藤(甲本雅裕)とは、昔アベルが喧嘩している最中、止めに入った遠藤に一発でのされた事がきっかけで仲良くなった。それ以来、深いことは詮索せず、頼まれた運びの仕事をこなしている。ある夜、ヤクザ数人からボコられている男が突然アベルの車に乗り込んできた。なんどその男はかつての悪友で幼馴染の紅井レオ(荒井敦史)だった。顔面に派手なトライバルタトゥーが入ったレオは、偶然の再会を喜ぶが、なんだかキナ臭い。レオは、ヤクザの大きな資金源であるオレオレ詐欺組織の一員だったが、組織を裏切り、ヤクザの広澤(遠藤要)から追われていると。この出会いで、アベルの運命の歯車が、最悪な事態へと向かっていくのであった。。

監督:渡辺武 脚本:池谷雅夫 主題歌「BORDERLINE -A side-」DUSTZ(DOLCE STAR RECORDS)企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「ボーダーライン」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
(C) 2017「ボーダーライン」製作委員会 公式HP http://borderline-movie.com/


Home

Company

Contact

©2010 ソーレプロモーション